取引所ってどこがいいの?失敗しない選び方!!!

最近ではGMOグループや、DMMが取引所を設立し現在国内の仮想通貨取引所の数は15社に増えてきました。

しかしその反面、 2018年1月コインチェックの仮想通貨NEMの総額460億円流失事件2014年Mt.Goxが479億円相当のビットコインを盗まれ破綻する事件もあり、仮想通貨始めたいけど不安でなかなか一歩が踏み出せないと思います。

仮想通貨市場はまだ始まったところで、世界各国でも規制をどうするか検討されている最中です。

取引所においてもベンチャー企業が主軸となっておりリスクは拭えません。仮想通貨自体も安全とはいいきれず今後もGOXの危険性があります。

*GOXMt.Goxの盗難事件からハッキングでの盗難や自身の送金ミスで仮想通貨を失うことをいいます。

しかし始まったばかりで参入者も少ないという事は、 仮想通貨市場は大きな成長の余地可能性があるということです。

リスクはあるが大きなチャンスもあります。挑戦するならば現状でできるだけリスクを把握し管理しなければいけません。

その中でも取引所選びは重要でしょう。偽の取引所サイトをつかったフィッシング詐欺もあり注意が必要です。

当ブログでは取引所選びのポイントとおすすめ取引所をご紹介します。 自分にあった納得できる取引所を見つけましょう。

取引所と販売所の違い

販売所

販売所とはビットフライヤーやザイフといった 取引所が仕入れた仮想通貨を直接売買することで、 お店で買うというイメージです。

いつでも確実に買える半面、 手数料が取引所に比べ割高になります。

取引所

取引所とは 仮想通貨を売りたい人、買いたい人が集まった市場で買うことです。株式市場のようにこの値段で売りたい人と同じ値段で買いたい人をマッチングして売買します

つまり売りたい人がいなければ変えませんが、 販売所で購入するのに比べ手数料が安くなります。

これはビットフライヤーのビットコインの価格で販売所と取引所では 約1万円価格差があります。 仮想通貨を買うなら取引所がいいでしょう

そして 市場において売る人が少ない場合は安く買うことが難しくなりますので、なるべく人気があり市場が大きくなっている取引所がおすすめです

取引所選びのポイント

選ぶポイント

  • 手数料が安い
  • 安全性が高い
  • 取引しやすい
  • 買いたい銘柄がある

手数料が安い

手数料には取引手数料スプレッドの2種類あります。

取引手数料とは仮想通貨を売買する時に取引所に払うもので、取引を行うたびに支払います。

販売所では仮想通貨を売買するときに売値と買値の差額が発生します。これをスプレッドといい仮想通貨を売買するたびに販売所の手数料として支払います。

ビットコインの取引所の手数料を見てもー0.01%から0.2%と大きな差があります。投資で儲けるためには手数料はなるべく安い方がいいでしょう。

手数料が高いと利確や損切りの際の判断に迷いが生じるかもしれません。取引所選びの重要なポイントとなります。

安全性が高い

取引所には上記のように仮想通貨の盗難や会社の倒産の危険性があります。

投資で儲けることができたとしても、盗難や倒産に巻き込まれればすべてを失うかもしれません。なるべく安全性の高い取引所を選びたいものです。

選ぶポイントとして、 セキュリティはしっかり行われているか?会社の資本金や業績?親会社や系列会社の規模?提携先や出資を行っている会社などを参考にしております。

取引しやすい

取引する際に取引画面が使いづらいとミス注文をしてしまい損失をまねくかもしれません。

取引所によっては 使いやいアプリを出しているところもあり、スマートフォンでもしっかりとした取引が簡単に行うことができます。

サーバーがしっかりしていることも

仮想通貨市場への参入者は急速に増えたため、どこの取引所もシステムが追いついていない状況です。

ビットコインが暴騰した際はサーバーダウンやシステムエラーが起こり問題になりました。そういったリスクも踏まえ最良の選択が必要です。

買いたい銘柄がある

仮想通貨を買うことはリスクがある反面、大きな利益も期待できます。

1年で766倍も高騰したモナコインのように大きく成長が見込める通貨を見つけ投資してみたいと思います。

その時買いたい銘柄が取引所にあるか?将来的に大きな成長が見込める通貨があるか?ということも取引所選びでは需要になポイントとなってきます。

国内の取引所では金融庁が認めた通貨(ホワイトリスト)しか扱えません。草コインのような一角千金を狙えるような通貨は海外の取引所で買うことになります。

その場合、国内の取引所でビットコインやイーサなどを買って海外取引所に送金して取引を行います。

モナコインとはどんな仮想通貨なの?すごい技術とは?将来性は?チャートは?買える取引所は?簡単解説します!

おすすめ取引所

取引所一覧

仮想通貨交換業 登録済み業者

bitFlyer(ビットフライヤー)

ビットバンク

ビットポイントジャパン

zaif(ザイフ)

QUOINE

GMOコイン

DMM Bitcoin

ビットトレード

フィスコ仮想通貨取引所

BTCボックス

Bitgate

仮想通貨交換業 登録済み業者(準備中)

マネーパートナーズ

SBIバーチャル・カレンシーズ

ビットアルゴ取引所東京

Xtheta

BITOCEAN

みなし業者(登録申請中)

コインチェック

Payward Japan

みんなのビットコイン

バイクリメンツ

仮想通貨交換事業者とは2017年4月より施行された改正資金決済法(仮想通貨法)によって規定された仮想通貨を交換する事業を行う事業者の事をいいます。

登録がないと国内で取引所を営むことができません。

みなし業者とは改正資金決済法(仮想通貨法)導入前から取引所を展開していた登録申請中の業者です。

期間の定めなく営業できていましたが、コインチェックの盗難事件以降、金融庁より業務禁止命令・業改善命令を受ける業者がでてきました。

またみなし営業に期限を設ける法案も検討されています。

多くの業者がありますがその中から、取引所選びのポイントを踏まえ、僕が選び実際に使っている取引所をご紹介します。

BITPoint(ビットポイント)

ビットポイントは東証マザーズに上場している株式会社リミックスポイントの子会社が運営している取引所です。2016年3月に設立された歴史がある取引所です。

サッカー選手の 本田圭祐さんをイメージキャラクターとし話題になっています。

安全性

ビットポイントは仮想通貨取引所の会社の中で一番多い資本金(44億3000万円)を保持しています。

また高度なセキュリティを導入しており、マルチシグネチャの採用コールドウォレット保管顧客資産と会社資産の分別を行っています。

万が一破綻してしまっても、提携している日証信託銀行から資金が返金されますので安心です。

ビットポイントアドバンス

ビットバンクのトレーディングツール、ビットポイントアドバンスはWEB画面でインストール型アプリに匹敵する高速性を実現。

そして価格をクリックすることで注文可能なスピード注文機能を搭載しています。

洗練されたレイアウトで一画面でチャート、板確認、オーダーまでワンクリック操作できます。

アプリのように直感的にスピーディーに取引できるので初心者にもおすすめです。

ビットコインライト

ビットコインライトというアプリを利用しスマホでも簡単に取引が行えます。

シンプルなデザインで使いやすくどこでもスピーディーに取引できます。

セキュリティ面でも画面ロック機能、ログインパスワード、取引暗証番号管理など行っており安全性が高い機能となっています。

MT4(Meta Trader4)

MT4とはプロトレーダーのようにハイレベルなテクニカル分析が簡単にできるFXトレードソフトです。

ビットポイントではこの MT4が無料で利用できます。

MT4の特徴

  • 簡単に自分にあったカスタマイズが行うことができ、初心者から上級者まで納得のいくツールとなるでしょう。
  • EA(Expert Advisor)を購入すれば自動売買ができ、感情に左右されないトレードを行えます。
  • バックテスト(過去の取引データをつかった分析)が行うことができ、過去の取引をシュミレーションできます。

手数料

ビットポイントは現物取引、レバレッチ取引、FX取引、送金手数料がすべて無料です

レバレッチ取引の7スワップ金利は0.035%/

取り扱い通貨

BTC(ビットコイン)

ETH(イーサリアム)

BCH(ビットコインキャッシュ)

LTC(ライトコイン)

XRP(リップル)

おすすめ利用法

ビットポイントでは 取引手数料、入金手数料、さらには仮想通貨の送金手数料が無料となっており大変お得です。

海外取引所に送金する際、無料で行えるというのは大きなメリットで是非活用したいです。

取り扱い通貨も定番から人気のリップルも扱っており、今後も30種類くらい増やす予定です。

そして 安全性や取引の利便性に優れており初心者にもおすすめの取引所となっております。

まだ取引所をお持ちでない方はビットポイントから検討してみてはいかがでしょうか。

登録はこちらから
BITPOINT

bitbank.cc(ビットバンク)

ビットバンクは2014年設立の歴史ある取引所です。

販売所はなく取引所だけの扱いとなっており厳選された銘柄を取り扱っています。中でも人気が高い XRP(リップル)の取り扱いがあります。

ビットコインニュ-スBTCN

ビットバンクは国内最大規模の仮想通貨・ブロックチェーン関連のニュースメディア、ビットコインニュースBTCNを運営しています。

いろいろな仮想通貨ニュースサイトの中でも信頼性の高い情報がえられますので大変役立ちます。

ビットコインニュースBTCN

安全性

ビットバンクではユーザーの資産すべてをコールドウォレットで保管しています。100%安全とはいいきれませんが、簡単にハッキングにあうことはないでしょう。

bitbank trade(ビットバンクトレード)

bitbank.cc(ビットバンクCC)が仮想通貨取引所でbitbank trade(ビットバンクトレード)がビットコインFXの取引所になります。

手数料

ビットコイン取引所 maker-0.05% taker0.05%
アルトコイン取引所 maker-0.05% taker0.05%

取り扱い通貨

BTC(ビットコイン)

XRP(リップル)

*LTC(ライトコイン)

*ETH(イーサリアム)

*MONA(モナコイン)

*BCH(ビットコインキャッシュ)

…BTC建てのみ

おすすめ利用法

人気銘柄XRP(リップル)を購入するなら、ビットバンクをおすすめします。

リップルの取引高は国内最大です。手数料が安く、リップルをビットバンク購入する人がどんどん増えてきてますので、取引量が多く売買しやすくなってきてます。

登録はこちらから

QUOINEX(コインエクスチェンジ)

QUOINEX(コインエクスチェンジ)は、2014年11月に設立されたQUOIN株式会社が運営する仮想通貨取引所です。

2017年9月に金融庁から仮想通貨交換事業者として正式登録された、日本で最初の取引所です。

本社は日本にあり世界3拠点で仮想通貨交換業を提供しています。

安全性

QUOINEXではユーザーの資産すべてをコールドウォレットで保管しています。更にマルチシグ対応し十分なハッキング対策が行われています。

更に取引処理性能毎秒100万件を誇る高機能取引エンジンを活用しているため、高いセキュリティが確保されています。

LIQUID(リキッド)

2017年11月にQUOINE株式会社が独自開発したブロックチェーンを活用したLIQUID(リキッド)の大型ICOを行ないました。

LIQUID(リキッド)とはQUOINE株式会社が開発を目指している世界的な仮想通貨プラットフォームです。

そしてプラットフォームで提供されるすべてのサービスの決済に利用できるQASHトークンを販売しています。

QASHトークンをかえる日本の取引所はQUOINEXだけです。

複数の通貨ペアに対応

仮想通貨だけでなく複数の法定通貨同士の交換取引が行えます。FXと仮想通貨の取引が混合して行える取引所です。

使える法定通貨

JPY(円)、USD(米ドル)、EUR(ユーロ)、AUD(豪ドル)、HKD(香港ドル)、SGD(シンガポールドル)、CNY(中国元)、PHP(フィリピンペソ)、INR(インドルピー)、IDR(インドネシアルピア)

サポートが充実

QUOINEXではLINEで運営にお問い合わせができます。

LINE窓口は9:00~17:00(土、日、祝日は除く)での対応となっています。

手数料

ビットコイン取引所 0%
アルトコイン取引所 0.25%
ビットコインFX 0.05% /日(スワップ金利)

ベース手数料は無料、ノンベース手数料は0.25%(ETHを含む場合0.1%)となります。

ベース通貨は利用者の移住地国に基づき決定されます。日本に住んでいる場合 BTC/JPYがベース通貨となり無料になります。

レバレッチ手数料はポジションを建てた際に発生し、毎日AM7:00に払われます。

取り扱い通貨

BTC(ビットコイン)

ETH(イーサリアム)

BCH(ビットコインキャッシュ)

QASH(キャッシュ)

XRP(リップル)

おすすめ利用法

QUOINEXはサーバーが落ちに強いと有名です。他の取引所を使っていてサーバー落ちで売買チャンスを逃してしまた経験が方はおすすめです。

またクイック入金が無料ですので利用される方はおすすめです。

国内、海外マーケットメイカーが多数参加しており、10社以上の海外取引所に接続する等の方法により、業界最狭レベルのスプレッドを実現しています。

安全性が高く、サーバーが強く、スプレッド、手数料も安いので優良取引所といえます。

登録はこちらから

GMOコイン

GMOコインはGMOグループが運営する仮想通貨取引所です。

親会社であるGMインターネット株式会社は東証一部上場企業であり、倒産のリスクが少なく企業の信頼性は非常に高いといえます。

GMOグループにはFXの取引高が世界一位であるGMO証券があり、ビットコインFXにもそのノウハウが生かされています。

ビットレ君

仮想通貨FX専用スマホアプリ「ビットレ君」という取引ツールでFX取引が行えます。

ビットレ君は仮想通貨FXにはかかせない

  • リアルタイムのレート
  • 建玉サマリー
  • 建玉一覧
  • 注文一覧
  • 約定履歴

といった豊富な情報をみながら取引できます。

即時入金!手数料無料!

日本円を入金する際、即時入金すれば手数料が無料で更に即時に反映されます。

即時入金とはネットで振り込み可能な入金方法です。

提携先に楽天銀行と住信SBIネット銀行、またペイジーというGMOコインが定めるみずほ銀行、三井住友銀行、三菱東京UFJ銀行、りそな銀行、埼玉りそな銀行、ゆうちょ銀行からネット振込みすれば手数料が無料で入金が可能です。

24時間365日振込みができ、即時に入金が反映されるので頻繁に入金される方にはおすすめです。

手数料

ビットコイン販売所 スプレッド約2%~6%
アルトコイン販売所 スプレッド約4%~6%
ビットコインFX 0.04% /日(スワップ金利)

取り扱い通貨

BTC(ビットコイン)

ETH(イーサリアム)

BCH(ビットコインキャッシュ)

XRP(リップル)

LTC(ライトコイン)

おすすめ利用法

販売所のみの取り扱いのため、ビットコインやアルトコインの現物取引はおすすめできません。

ビットコインFXでは使いやすいスマホアプリがあり、また他社に比べサーバーが安定していると評判です。

ビットコインが大暴落した際も他社のサーバーが落ちている中、GMOコインは安定していました。

ビットコインFXにおいてサーバーの安定は、損得に直結するのでとても重要です。ビットコインFXではGMOコインもおすすめします。

仮想通貨での入金はスプレッドが高いので、円での入金をおすすめします。

登録はこちらから

bitFlyer(ビットフライヤー)

ビットフライヤーは 月間のビットコイン取引量・ユーザー数・資本金で国内最大の取引所です。

さらに、 ビットコイン単独の出来高が世界で最も大きな取引所であり、取引量が多いため売買がスムーズにおこなえます

安全性が高い

保有するビットコインの80%以上をコールドウォレットに保管しており、マルチ・シグネチャという署名の仕組みを国内でいちはやく取り入れました。

米格付けで世界No.1のセキュリティ評価をえています。万が一不正ログインによるハッキングがあった時には保証してくれる制度もあります。

補償内容についての注意点

  • 日本円が盗まれた時のみ対象(仮想通貨のハッキングは対象外)
  • 2段階保証を実施しているユーザーが対象
  • 預かり金が円換算で合計100万円以上なら500万円まで補償
  • 預かり金が円換算で合計100万円以内なら10万円まで補償

大手メガバンク系列から出資を受けており、 株主にはSMBCベンチャーキャピタル、三菱UFJキャピタル、三井住友海上キャピタル、リクルート、電通等の大手企業が会社の信頼度は国内随一です

アプリが使いやすい

スマホアプリはデザインがシンプルで使いやすく、販売所、取引所、ビットコインFXと利用できます。また入金、出金も簡単に行えるためおすすめです。

bitFlyer Lightningとういうビットコインの現物・FX先物取引、イーサリアムの現物取引に対応した取引所もあります。

BTC(ビットコイン)、BCH(ビットコインキャッシュ)、ETH(イーサリアム)、BTCFX(ビットコインFX)の売買ができ、取引量の多い板を低手数料で利用することができます。

手数料

ビットコイン販売所 スプレッド約1%
アルトコイン販売所 スプレッド約3%~5%
ビットコイン取引所 0.01%~0.015%
ビットコインFX 0.04% /日(スワップ金利)

スワップ金利は取引を開始してから1日経過することにようする費用です。/日

ビットコインFXでは0時0分に受け払いが確定するため、その前に決済すれば手数料はかかりません。

取り扱い通貨

BTC(ビットコイン)

ETH(イーサリアム)

BCH(ビットコインキャッシュ)

ETC(イーサリアムクラシック)

MONA(モナコイン)

LISK(リスク)

新規顧客受け入れ停止中

ビットフライヤーは6月22日、金融庁の業務改善命令を受け、新規顧客受け入れを自主的に停止しています。

再開は未定となってますので、通常どおり営業している他の取引所で検討しましょう。

Zaif(ザイフ

Zaifはテックビューロ社が運営する仮想通貨取引所です。 代表の朝山貴成氏はNEM財団の理事を務めていることでも知られています。

Zaifの 取引所ではビットコインの手数料がマイナスであるということが特徴です。

maker(指値注文)手数料であれば0.05%、taker(成行注文)であれば手数料が-0.01なっており、取引を行う度に手数料を受け取ることができます。

トークンやコイン積み立て

Zaifでは数種類のトークンの取り扱いがあり、自社が発行するZAIFトークンや日本発のICO用プラットフォームCOMSAトークンを取り扱っています。

取り扱いトークン

ZAIFトークン

XCP(カウンターパティー)

PEPE(ペペキャッシュ)

CMS:ETH(コムサERC20)

CMS:XEM(コムサモザイク)

また毎月27日に決まった金額を銀行口座から自動で引き出し、翌月の10日から1ヵ月間毎日自動でちょっとずつ仮想通貨を買って積み立ててくれる、 コイン積立というサービスも人気となっています。

手数料

ビットコイン販売所 スプレッド約3~4%
モナコイン販売所 スプレッド約5%
ビットコイン取引所 -0.05%~0.01%
アルトコイン取引所 0%~0.3%
ビットコイン信用取引 実質0.039%~利益手数料0.7%
ビットコインFX 0.0375% /日(スワップ金利)

取り扱い通貨

BTC(ビットコイン)

ETH(イーサリアム)

XEM(ネム)

MONA(モナコイン)

BCH(ビットコインキャッシュ)

新規顧客受け入れ停止中

仮想通貨の不正流出事件に運営会社テックビューロは解散。同じ仮想通貨交換業者であるフィスコ仮想通貨取引所に事業を譲渡されます。

それに伴い新規顧客受け入れは停止しています。他の取引所を検討しましょう。

おすすめ取引所

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする