海外で大人気!ライトコイン(LTC)

ライトコインは2011年に元グーグルで働いてたチャーリー・リーにより作られました。

ビットコインをゴールド(金)とするなら、ライトコインはシルバー(銀)を目指そうというコンセプトで作られております。

ビットコインを元に作られており基本的な仕組みは同じですが、いくつかより使いやすく改良されています。

基本情報

基本情報

単位 LTC

コンセンサンスアルゴリズム PoW

ブロック生成時間 2.5分

発行数量 8400LTC

ライトコインは早い

ビットコインのブロック承認時間は10分ごとに行われますが、ライトコインはその4分の1の2.5分で行います。

実際に日常的にお店で商品を買ったりする場合、ビットコインでは10分の送金時間がかかり利便性が悪いです。その問題に対応するためライトコインでは送金時間を2.5分に短縮しており利便性が良くなってます。

しかし送金時間を短縮、つまりブロック承認時間の短縮は、マイニングの難易度がさがってマイナーが報酬を得やすくなる反面、悪意のある第三者によるハッキングもビットコインにくらべ容易になっています。

ライトコインは発行量が多い

ビットコインは最大発行量は 2100万BTCですが、ライトコインは 8400万LTCと多くなっており 取引の流通性を増やそうとしてます。

ライトコインの将来性

ライトコインはアルトコインのなかでは初期段階で開発され、その使いやすさもあり時価総額が高く流通量もアルトコインの中では多いです。また 日本より海外で人気が高く投資資産として買われています。

しかし、モナコインのように更に送金時間が短くなた通貨が誕生し、送金時間が短いという優位性は低くなってきております。

扱っている取引所も多いので、アルトコインの中では安全性が高いといえるでしょう。投資の際は以上のことを検討されるといいと思います。

取引所

主な国内取引所

bitflyer
bitbank
GMOコイン
DMMBitcoin
ライトコインは国内、海外多くの取引所がありますが、販売所が主流となっています。その中ではbitflyerかBitcoin建てで買えるbitbankがおすすめです。
登録はこちらから

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

取引所に迷ったら

失敗しない取引所の選び方を解説!取引所と販売所の違いとは?安全性は?手数料はどこが安い?徹底比較したおすすめ取引所をご紹介します!

おすすめ取引所

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする