ビットコインよりすごい?!イーサリアム(ETH)

2013年にヴィタリック・ブテリンというロシアの19歳の青年の構想をもとに、彼を中心としたEthereum Foundationという機関で開発された仮想通貨です。

2014年にスイスに設立されたイーサリアム財団という非営利団体により資金管理されており、ETH DEVというヴィタリック・ブテリンが所属するチームで開発が行われています。

ビットコインが仮想通貨の1.0世代と呼ばれ、ビットコインに付加価値をつけ開発されたイーサリアムは2.0世代と呼ばれています。

ビットコインが決済や送金を行う通貨なのに対し、イーサリアムは通貨ではなくスマートコントラクトを使った分散型アプリケーション作成のプラットフォームです。

そのプラットフォームで使われる仮想通貨がイーサ(ETH)です。

基本情報

イーサ(ETH)とガスとは

イーサリアムのプラットフォームでアプリケーションを動かすためにはブロックチェーンを作成させていかなければなりません。この作業を行うのがマイナーです。

ビットコイン同様、マイナーによってブロックチェーンが支えられています。このとき マイナーに払われる報酬がイーサ(ETH)です。

イーサリアム利用者は手数料を払い、マイナーはマイニングしてその手数料を報酬として受け取る仕組みになってます。

ビットコインのブロックチェーンは決済用に使われますが、イーサリアムはプラットフォームです。

手数料はプラットフォーム上でアプリケーションを動かす元になってますので、ガス(燃料)と呼ばれています。

イーサ(ETH)は取引所で上場されており売買が行えます。また取引所によってはイーサ(ETH)で他の仮想通貨を買うことができます。(ETH建て)

イーサ(ETH)は最大発行量が決まっておらず2014年始めに7200万ETH発行され、現在は9400万ETHと呼ばれています。無限に発行できるわけではなくまだ未定という解釈です。

スマートコントラクトとは

スマートコントラクトとは直訳すると「賢い契約」という意味で、 人の手を介さず自動的に契約を実行するシステムです。

たとえばAさんがBさんからパソコンを10万円で購入する契約をしたとします。もしAさんが10万円渡したのにBさんがパソコンを渡さなかったら大変です。そうならないために第三者機関を仲介して売買する必要があります。

スマートコントラクトはあらかじめ契約条件、取引内容をブロックチェーン上に記録して、条件が合えば取引を自動で行います。

そして行った取引内容もブロックチェーン上に記録されます。

ブロックチェーンは改ざんが不可能なため安全な取引が行えます。また第三者機関は必要がありませんので、迅速で低コストな取引が実現できるのです。

分散型アプリケーションとは

分散型アプリケーションとはDapps(Decentralized Application)と呼ばれ、中央集権なしに自立的に動くアプリケーションのことです。以下の定義を満たすものを指します。

1.アプリケーションがオープンソースであること。オペレーションは自動であり、中央のコントロール主体を持たないこと。

トークン、データ、レコードなどにつき、暗号化されて分散化されたブロックチェーンを利用していること。

2.アプリケーションは、オープンに流通可能な暗号トークンを持っていること。アプリケーションの利用に際してトークンを利用すること。参加者にはそのトークンによってリワード(報酬)が支払われること。

3.アプリケーションはマーケットやユーザーぁら改善要求によりプロトコルを改善していくこと。この改善はユーザーのコンセンサスによること。

ICO

ICOとは「Initial Coin Offering」の略で企業が新しい事業を始める際の資金調達として独自の仮想通貨(トークン)を発行し、それを販売することで資金を集めることです。

投資家は出資することで取引所上場前の安い価格の通貨を手に入れることができます。

イーサリアムのプラットフォームはICOでよく利用されています。日本では取引所 ZaifのCOMSA109億円の資金を調達し有名になりました。

それはなぜかというと、新 規事業者は新しく一からトークンをつくるよりも、イーサリアムのプラットフォームを利用して作った方が時間もかからず低コストで行えるからです。

イーサリアムでICOを行い発行されるトークンの一つにERC20があります。

ERC20の規格に従って作られたトークンは、異なったICOで発行されたトークンでも同じウォレットに保管することができます。

新規事業者はイーサ(ETH)で資金を集つめることができ、スマートコンストラクトで自動的にトークンを販売できるのです。

このようにイーサリアムを利用すると効率よくICOが行えます。

イーサリアムでICOした仮想通貨(一例)

オーガ(Augur)

占い師という意味で未来に起こることを予測し、当たれば報酬をもらい、はずれはもらえない仕組みです。将来的に証券市場や保険業界に利用できるのではないかと期待されています。

ステータス(Steatus)

イーサリアムをつかったメッセージングプラットフォームです。LINEのようなものでチャットアプリ機能やアプリストアがあります。

オミセゴー(OmiseGO)

日本と東南アジアの決済分野の不具合の解消し、東南アジアで金融機関を利用できない人々のが容易に決済サービスができる仮想通貨。イーサリアムの開発者、ヴィタリック・ブテリンがアドバイダーとして関わっています。

イーサリアムクラシック

イーサリアムを利用してつくられたプロジェクトであるThe DAOが、当時の金額で65億円相当のイーサを盗まれるという事件が起こりました。

The DAOとは非中央集権の投資ファンドを目指したもので当時は革新的で100億円以上の資金を集めました。

しかしThe DAOの脆弱性をつかれ65億円相当のイーサを盗まれプロジェクトは失敗しまいた。

この時の対処法でイーサリアム運営の意見が2つに分かれました。盗まれたイーサを凍結する方法(ソフトフォーク)と、盗めれる前に時間を戻しなかったことにする(ハードフォーク)です。

そしてハードフォークしたものがイーサリアム(ETH)になり、そうでないものがイーサリアムクラシック(ETC)となり分裂しました。

イーサリアムとイーサリアムクラシックは分裂しただけなので機能的に違いはありません。

イーサリアムの方が価格が高いのはマイニングするマイナーの数が多いためです。

イーサリアムはまだ実験段階にあるため、今後イーサリアムクラシックが活躍する場面があるかもしれません。

イーサリアムのアップデート

イーサリアムはまだ実験段階です。開発されてから今までに改良のためにハードフォークをくり返しており、 全4段階のアップデートによって完成する予定となっています。

①フロンティア

2015年7月にアップデートが行われ、イサーリアムの基本的な機能テストとして、通貨やトークンの取引が自己責任で行われた。

②ホームステッド

2016年3月にアップデートされ、安全に多くの人が参加できるプラットフォームとなりました。

ホームデッド中にThe DAO事件がおこり、2017年7月にイーサリアムとイーサリアムクラシックに分裂しました。

③メトロポリス

2017年10月にPoWからPoSへの移行準備、Zcash(アルトコイン)と共同で開発される匿名性強化などのアップデートがされました。他にもセキュリティ強化が行われる予定です。

④セレニティ

最終段階でイーサリアムが多くの人に安全に利用されるよう完成を目指します。ここでPowからPoSへの移行予定。

イーサリアムの将来性

フィンテック革命

金融(Finance)技術(Technology)を組み合わせた米国発の造語で、スマートフォンを使う決済や資産運用、ビッグデータ、人工知能(AI)などの最新技術を駆使した金融サービスをいいます。

これまで企業が資金調達(IPO)するためには、投資銀行などの第三者機関を通す必要があったが、イーサリムの資金調達(ICO)はその必要がなく容易に低コストで行うことができます。

イーサリアムの普及は投資銀行を不要なものにしており金融業界に革命を起こしているのです。

イーサリアム企業連合(EEA)

2017年2月にJPモルガンやマイクロソフト、インテル、アクセンチュアなどの金融機関や欧米の大手企業、約30社を中心に設立されました。

イーサリアムのプラットファオームを多くの企業でビジネスに活用していくことを目的としています。

日本ではTOYOTAや三菱UFJファイナンシャルグループなどの大手が参加しており、現在参加数は30社から半年で150社以上に増えております。

今後イーサリアムを使ったビジネス、サービスがどんどん実用化されていくでしょう。

イーサリアムのチャート

2016年始め150円ほどしかなかった価格が2018年1月には18万円の高値を記録し、現在3月は9万円の価格をつけております。

これはイーサリアムが期待され活用されてきた成果です。

イーサリアムは発行枚数の上限がないため資産活用は難しいと思いますが、今後もその技術は幅広く使われていくと思います。

イーサリアムを活用したICOプロジェクトの中に大きな成長を果たし価格が高騰するトークンが生まれるかもしれません。これからも イーサリアムは仮想通貨の発展の担い手になるでしょう。

取引所

主な国内取引所

bitFlyer
Zaif
bitbank
GMOコイン
DMMBitcoin
QUOINEX
イーサリアムは多くの取引所が扱っています。中でも取引所で売買できるZaifが手数料が安くておすすめです。
登録はこちらから

取引所に迷ったら

失敗しない取引所の選び方を解説!取引所と販売所の違いとは?安全性は?手数料はどこが安い?徹底比較したおすすめ取引所をご紹介します!

おすすめ取引所

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする