草コイン知ってる?

草コインとは

アルトコイン1000種類以上ありイーサリアムやリップルのように価値が高く有名なものもあれば、現状は価値がほとんどなくあまり知られてていないものがあります。

このようなコインは 草コインと呼ばれています。

「雑草のように価値のないコイン」「笑えるように価値のないコイン(SNSではよく、笑い=www=草という意味で笑いを草と表現する)」という意味です。

価値が極めて低いコインですが、取引所への上場や好材料があれば主要アルトコインでは考えられないほどに高騰する可能性があります。

もちろんそのまま日の目をみず、ただの電子ゴミ(価値ゼロ)になってしまう可能性もあり、また詐欺コイン(スキャム)にあったってしまう確率も高いです。

小額投資でも当てれば大金をつかみ億り人になることができる、一攫千金が狙えるハイリスク・ハイリターンコインなのです

2017年高騰した草コイン

XVG(Verge)

Vergeは送金速度の高速化と匿名性を特徴とする仮想通貨です。

1XVG、2017年1月1日0.00000002BTCでしたが、最高値0.00001979に高騰しました。

約950倍の大高騰になります。

その後ビットコインの暴落により価格を大きく下げてしまいましたが、タイミングよく売っていれば爆益であったといえます。

更にVergeは、2018年4月に51%攻撃によるハッキング被害にあいました。これはVergeに脆弱性をつかれたものです。

この影響で2018年5月にハードフォークされることが公式にアナウンスされております。

XP(Experience Points)

XPは、Experience Pointsの略で経験値のことでゲーム報酬に特化された通貨です。

ゲームイベントで投げ銭として使われることを想定しています。

2017年には日本においても話題となり、 最安値0.0000000003BTCから最高値0.00000033BTCまで約1100倍の大高騰をみせました。

以後はビットコインの暴落により価格を大きく下げてしまいましたが、まだまだファンが多い通貨です。

草コインの購入方法

国内の仮想通貨取引所は金融庁のホワイトリストの通貨しか取り扱いができない為、草コインを購入することができません。

草コインは 海外の仮想通貨取引所で購入します。

海外の取引所で草コインを買う為には

  1. 海外の仮想通貨取引所に登録する
  2. 国内の仮想通貨取引所に登録して仮想通貨を購入する
  3. 国内の仮想通貨取引所で購入した仮想通貨を、海外の仮想通貨取引所に送金する

上記の3ステップを行う必要があります。

国内の仮想通貨取引所でビットコイン(BTC)イーサリアム(ETH)などの目的の海外取引所の取り扱いがあるコインを購入しましょう。

送金する際は送金先アドレスを間違えないようにしましょう。 間違えると送金した通貨は帰ってきません。

コピーやQRコードを使用し、初めての送金先は小額を試しに送る安全策をとるといいかもしれません。

※海外の仮想通貨取引所は豊富な種類の通貨が揃っていますが、日本の金融庁の許可は下りていないため、今後、規制強化により取引ができなくなるリスクがあります。

草コインが買える海外取引所

草コインが買える人気の海外取引所をご紹介します。

CoinExchange

CoinExchange(コインエクスチェンジ)は500種類以上の仮想通貨を取り扱っております。

上記のXPXVGXSH(シールド)などの多くの人気草コインを扱っております。

最近ではNANJコインが高騰を見せ話題なりました。

Cryptopia

Cryptopia(クリプトピア)は2014年にニュージーランドで設立された取引所で、500種類以上の仮想通貨を取り扱っております。

日本発祥の仮想通貨で人気のALIS(アリス)ZNY(ビットゼニー)の取り扱いがあります。

※海外取引所はフィッシングサイトがあるので注意が必要です。検索エンジンに普通にフィッシングサイトが引っかかります。URLをよくチェックし、ブックマークなどを使い、リンクする方法を決めておきましょう。

国内取引所

海外取引所に送金する通貨を買う国内取引所は、ビットコイン(BTC)イーサリアム(ETH)の手数料が安いザイフがおすすめです。

登録はこちらから

取引所に迷ったら

失敗しない取引所の選び方を解説!取引所と販売所の違いとは?安全性は?手数料はどこが安い?徹底比較したおすすめ取引所をご紹介します!

おすすめ取引所

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする