ビットコイン(仮想通貨)知ってる?

ビットコインは最初に開発され、世界中で最も使われている仮想通貨です

仮想通貨は現在1000種類ぐらいあるといわれ、ビットコイン以外の通貨を アルトコインといいます。

仮想通貨とはインターネット上で行われる電子決済システムで、実際に商品やサービスを買うことができ、取引所ではドル、ユーロ、人民元や円等の法定通貨と交換する事ができます。

アルトコインとは

アルトコインとは何か?ビットコインとの違いは?決済通貨、プラットフォーム通貨、トークンとは?コンセンサスアルゴリズムとは?PoW、PoS、PoIとは何か?簡単解説します!

仮想通貨

電子マネーとの違い

電子マネー(suicaやnanaco等)はお金(法定通貨)をチャージ(企業に預ける)し電子化して、キャッシュレスで買い物できる決済手段です。

つまり電子マネー自体は通貨ではありません。また法定通貨の代用ですから国内でしか使うことができません。

一方で仮想通貨はドルや円等の法定通貨と同じ通貨であり、世界中の共通通貨として使うことができます。

法定通貨との違い

法定通貨は紙幣や硬貨という実物がありますが、仮想通貨は実物は存在しないバーチャル通貨です。

法定通貨は日本なら日本銀行、つまり各国の中央銀行が発行し管理しています。

法定通貨には発行数の上限がなく、その時代の経済状況に合わせて発行数を調整してます。

一方で 仮想通貨は中央銀行のような管理する機関はなく、発行数も上限があらかじめ決まっており、国(政府)の金融政策に左右されることがありません。

仮想通貨はブロックチェーン(分散型台帳)という技術を利用し、使用者全員で管理します。

ブロックチェーン

ブロックチェーンとは、取引データの履歴(トランザクション)を一定容量(ブロック)ごとに区切り、チェーンが連なるように時系列につなげた集合体(データベース)です。

ブロックチェーンは分散型取引台帳とも呼ばれ、利用しているすべてのユーザーのコンピューターに保存され管理できるようになってます。このようなネットワークをP2P方式といいます

取引データには公開鍵暗号電子署名という2つの暗号化技術が使われており、仮想通貨の取引を行った当人同士でしか暗号化したデータを復元できない仕組みとなってます。

取引データは10分ごとにブロック化しデータベースに保存されます。

そのブロックは一定容量を超えると、前の最後のデータを引き継いで次のブロックとの整合性をとり、新たなブロックを形成していきます。この作業を承認といいます。

このように取引データを内包したブロックはチェーンのようにどんどん連なっていき、ネットワーク上に分散して貯蓄されていきます。

また整合性をとり承認するためには膨大な計算を必要とします。この作業をマイニング(採掘)といい、不正が行われていないことを証明する仕組みをProof of work(仕事の証明)といいます。

これを成功させた人には新規発行された通貨が報酬としてもらえるため、世界中の人達が参加しシステムを支えています。

ブロックチェーンは一方向にデータが加わっていく構造のため、データを改ざんするためには先頭のブロックからすべて内容を書き換えなければいけません。

しかも10分単位で世界中のコンピューターがデータの検証作業を行って中でそれより早くデータを改ざんをしなければならず、 ブロックチェーンの改ざんは不可能であるといえます。

またブロックはネット上に分散され保管されている取引台帳でインターネットで全世界に公開されております。

つまり取引データ をみんなで監視できるシステムとなっており、不正やデータの改ざんが行われにくい仕組みになっております。このような 高いセキュリティ技術が仮想通貨を実現させています。

ビットコイン

2008年に サトシナカモトという人物が、仮想通貨ビットコインに関する論文を発表しました。

その論文内容が画期的にすごいと評判になり、その論文を元に世界中の頭脳明晰な開発者たちが、2009年頃に仮想通貨(ビットコイン)の仕組みを作ったと言われております

ビットコインの単位

お金と同じように円やドルなどの単位が存在します。

ビットコインの単位は BTC(ビーティーシー)です。ビットコイン一枚、 1BTCといいます。

ビットコインは一枚が高額なため、下の単位も作られています。

1mBTC(ミリビーティーシー)=0.001BTC(1000/1BTC)

1μBTC(マイクロビーティーシー)=0.000001(100万/1)

1satoshi(サトシ)=0.00000001(1億/1BTC)※最小単位で、これ以下に分割できません。

ビットコインのメリット

国際送金が早く手数料が安い

ビットコインは銀行などを通さずに個人間で直接送金できます。

また銀行は休日がありますが、ビットコインは365日24時間いつでも送金できます。

また銀行にくらべ国際送金をかなり早く行うことができ、手数料も安いです。

非中集権である

法定通貨のように政府や中央銀行などの中央機関が管理を行うことを中央集権システムといいます。

またお金を銀行に預金するときは銀行が中央機関となります。

ビットコインのブロックチェーンシステムように中央機関を持たずに所持者個人が管理を行うことを非中央集権システムといいます。

法定通貨の場合、中央銀行に管理を任せているため経済政策に左右されます。

不況が続けばお金の供給量を増やし経済循環を良くし景気回復を狙いますが、お金の供給量を増やすということは価値を下げることにもなります。

また銀行に預けていても、銀行の倒産や預金封鎖のリスクがないとは言い切れません。

ビットコインは管理する中央機関がないため、そういったリスクとは無縁です。

国や銀行に頼らず自分で資産の管理をしたい人にはうってつけといえます。

世界中で使える

法定通貨は各国が発行しているものであり様々な種類があります。

ほとんどの場合は自国の通貨しか使えず、外国にいったときは両替が必要となります。両替には為替変動リスクや手数料がかかります。

ビットコインであれば世界共通通貨ですので、導入している企業、店舗であれば世界中で使えるので両替の必要はありません。

インフレのリスクが少ない

ビットコインは金(ゴールド)のように安全資産として使えます。

埋蔵量がかぎられている金のようにビットコインは発行枚数2100万枚と決まっております。

インフレ時にビットコインに資産を移しておくことで短期的に守ることができます。同様に戦争、災害、経済封鎖などの供給不足の際にも安全資産の役割を果たすことができます。

このようなことからビットコインはデジタル資産、デジタルゴールドとよばれています。

仮想通貨の機軸通貨

海外取引所では円(JPY)で仮想通貨(アルトコイン)は買えません。その場合、ビットコイン等の決済通貨に換金してから海外取引所に送金し購入します。

ビットコイン(BTC建て)はどこの取引所でも使え、取引量も最大です。法定通貨でいう所のアメリカドル(USD)の役割を担っている機軸通貨となっています。

ビットコインのデメリット

まだまだ投機的側面が強い

ビットコインの価格変動は大きく暴騰暴落をくり返し年々価格を上げてきてます。投機的には好機と思えますが、通貨としてはまだ扱いが難しいといえます。

もちろん今後、世界に広まれば価格変動は是正していきます。現状は投機や長期的な資産運用が適しています。

取引所が破綻するリスクがある

取引所が破綻し預けているビットコインが失われてしまう可能性があります。

過去に日本でもマウントゴックスが投資家のビットコインを大量に消失し、経営破綻するという事件がありました。

国による保障がない

日本では銀行が破綻しても預金額の1000万円まで保証されます。しかしビットコインの場合、取引所が破綻しても国の補償はありません。

しかしビットフライヤーのような主体的に保障制度取り行っている取引所もあります。

利用できる場所がまだ少ない

ここ最近ビットコインの導入する大手企業や店舗が増え発表されていますが、まだまだ生活レベルまで浸透してきてません。

ショッピングセンターやコンビニなど身近な場所で使えるようになるのはまだまだ先になりそうです。

ビットコインのチャート

ビットコインのチャートは暴騰と暴落をくり返し価格調整を行いながら、 右肩上がりで年々上昇しております。

2017年12月ぐらいから大暴騰し、12月中旬頃より下降し始め1月に大暴落しました。

2017年11月ぐらいより仮想通貨ブームが起こり、12月からサラリーマンのボーナスを見越した買いもあり加熱した相場に投機マネーが流入しました。

ビットコインも200万円を超えバブル状態でした。

しかし12月中旬より例年どうり暴騰した通貨の利確、税金対策で売られていく中、中国、韓国などの仮想通貨規制が強まったことにより大暴落しました。

これまでにない価格差で暴落しましたのでバブルがはじけ、下降トレンドにはいるかと思われましたが、過剰に暴騰した価格の調整分の暴落と思われ、長期的な上昇トレンドは続いています。(2008年2月現在)

ここから更に下げトレンドの終焉を迎えるのか?これまでのように上昇し今年さらなる最高値を更新するのか楽しみで目が離せません。

ビットコイン購入おすすめ取引所

取引所に迷ったら

失敗しない取引所の選び方を解説!取引所と販売所の違いとは?安全性は?手数料はどこが安い?徹底比較したおすすめ取引所をご紹介します!

おすすめ取引所

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする